フォト

幾つになったの?

  • 昴流
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 紅葉を求めて京北へ | トップページ | 紅葉を求めて 大津へ »

2015年11月18日 (水)

紅葉を求めて 朽木へ

rain 昨夜来の雨が降っているのにそんなに寒いことはないです。

激走 北海道犬 椿 の椿ファミリーが朽木の紅葉が綺麗と書かれていたので行ってみました。
朽木は何度か安曇川での川遊びに行ったところです。

京都市の東 白川通りの並木です。
この通りは三千院、寂光院などある大原から途中峠を通って琵琶湖へ抜ける道です。

1801
道から見える山も紅葉が進んでいます。

1802
1803_2
1804
杉木立が素敵ですが、ちょっと薄暗いです

1805
途中以前来たキャンプ場がありましたが、ロープで遮って入れませんでした。
朽木渓流魚センターまで来ました。

1806
もっと奥まで行けばキレイな所もあったでしょうが、川遊びもいいかもとここで引き返しました。

1807
水は結構冷たかったようです(笑)

1808
深いところがなかったのと冷たかったのとで泳ぐことはなかったのですが、石集めをしています。
投げた石かどうかわからないけれど(笑)気になる石を手で浅瀬まで寄せてきます。

1809
くわえられそうな所まで来たら顔を突っ込みます。

1810
こんなのが取れたよとドヤ顔で見せてくれます(^^)

1811
しばらく遊んで近くの道の駅へしぶ柿がないか見に行きました。
途中鯖寿司も買っていきます。

1813
1814
今日はタッツーと一緒だから温泉で温まって帰ることにしました。

1815
1816
ほっこり温まってここから琵琶湖の方へ向かいます。
道の駅「藤樹の里 安曇川」へ寄り道

1817  
中江藤樹という名前は知っていますが、良くわからないので検索してみました(^^ゞ
人を愛し敬う心を大切にし、母に孝養をつくして 「近江聖人」 とその徳望が慕われた江戸時代の儒学者

母に孝行している像です

18118

近くに藤樹神社があるので昴流のお散歩に行ってみました。

もう暗くなっていたので真っ暗な中へは行かず鳥居のところで引き返しました。

1818
今日の戦利品です(笑)

1819

全然話しが変わるのですがこの写真見てください。

       1

1701 
      

1702 

           3

1821 
      

似てるでしょ? 
どれが昴流かわかりますか?

2が お里の 広尾北進荘 に居る同胎4頭のうちの 穂希(ほまれ)ちゃんです。
3がうちの子 穂映(すいえい) 昴流です。

« 紅葉を求めて京北へ | トップページ | 紅葉を求めて 大津へ »

コメント

朽木 針畑地区の紅葉はもう終盤みたいですね。
山の方までいくのは、遠いです。
椿はこのドライブの後、体調を崩したので、
引き返して正解かもです。
石くわえてドヤ顔出来るんですね!
可愛い(o^O^o)

椿のおかあさん

京都から少し行くと自然が一杯の所があるので、ワンコ達のお散歩に良いですね。
椿ちゃんの調子も良くなったようでホッとしています。

紅葉が終われば雪のシーズンが来ますね。
我が家は年寄りなので寒いところは苦手ですが、昴流のために頑張ろうと思います。

昴流は褒めてやると結構言うことを聞いてくれるように思いますが、これもキット親ばかなのでしょうね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85773/62701597

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉を求めて 朽木へ:

« 紅葉を求めて京北へ | トップページ | 紅葉を求めて 大津へ »

コーヒーブレイク


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ

最近のトラックバック