フォト

幾つになったの?

  • 昴流
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月28日 (金)

秋の紀州路へ 5

sun 良いお天気で昴流は日向ぼっこ。 PCの温度計は17℃(PM 1時頃)

長々書き綴ってきた紀州への旅の最終回です。

久しぶりに動画をアップしました。

埋め込めないので ココ をクリックしてみてくださいね(^^)

那智の滝です。

滝を堪能したあと駐車場へ戻る道で発見 !

2801
お土産屋さんに那智黒石の硯がずら~っと 結構なお値段でした。

2802
那智黒のソフトクリーム
クリームに混ざっているのかと思っていたら、黒飴をトッピングされていました(>_<)

2803
ここでアクシデント発覚

タッツーの携帯がなって何事かと出てみたら??
私の携帯をログハウスへ置き忘れていたと管理人からの連絡でした。
又々小1時間先のログハウスまで引取りに行きました。

その後お腹がすいたのでご飯を食べることにしたのですが、海辺の回転寿司は旨いと聞いたことがあったので行ってみました。

マグロ三昧 (^^)  美味しいのに安くて満足♪満足♪

2804
昨日道を間違えていけなかった 道の駅 「マンボウ」
今日は時刻が遅くて閉店後でした。 残念!

2805
なぜ残念なのかというと これ ↓ 食べたかったのです。

2806
その後高速をひたすら京都へ 夜道に日暮はないということでSAごとにスタンプ収集(笑)

奥伊勢SA ここでは気持ちがほっこり ♪

2807
♡の敷石を探そうで  発見 ♪

2808
その後もSA巡りです(^^)

2809
昴流も小休止で車家から降りてパチリ 胴輪と目玉が光ってます(≧m≦)ぷっ

2810
家へ帰り着いたのは 次の日になっていました(笑)
ログハウスからの走行距離は 約 362km でした。

赤福を熱いお茶で頂いて」紀州路の旅の無事帰還を噛み締めました。

2811
長々お付き合いありがとうございました。
これで紀州路の旅はおしまいです。

2014年11月25日 (火)

秋の紀州路へ 4

sun 連休明けの雨降りは肌寒い日です。 PCの温度計は15℃(PM4時30分)

22日の地震は白馬で被害が出ましたが、村の人々の迅速な救助で亡くなる人がおられなかったのは不幸中の幸いでした。
遠くの親戚より近くの他人とは昔の人はよく言ったものです。
ご近所付き合いの絆の強さが良い結果を生んだのですね。

紀州那智の旅の続きです。

青岸渡寺で御朱印をいただいた後、隣にある那智大社へお参りです。

2501
2504
お参りの後ここでも御朱印をいただきました。

2505
カーチャンが大きなおみくじで運試しです

2524
私は八咫烏のおみくじで運試し。 大吉でした(^^)

2525

お社の前に神鳥の八咫烏の像がありました。

2506
今年の干支の絵馬ももう少しで役目を達成できそうです

2507
高いところから見る風景はいかに??

2502

大きなクスノキの祠がありましたが中には入りませんでした。

2503

鳥居の前で! 

2508
この後長い階段に足がガクガク(笑)
元気な昴流に引っ張られてカーチャンも腕が痛かったようです。

2509
橋からの眺めもどうかな?

2510
水を持っていくのを忘れてしまって手洗の水が垂れている所でがぶ飲みです。

2511
三重塔と那智の滝のコラボです(^^)

2512
昴流も一緒に!

2513_2
狛犬の前でお座りしたら 狛犬に見える???

2514
三重塔からも滝がよく見えます。

2515
この石段は結構きつかったです(笑)

2516
カーチャン 早くぅ~~♪

2517_2
降りたところが飛龍神社の入口です。  可愛い熊野巡りのバスも来ていました。

2518
 なぜか走る昴流とカーチャン(笑)

2519
昴流 そこ乗ったらアカンのと違う?

2520

石段を登った先に待望の那智の滝が身近に見えてきました。

2521
この先に行くには関所がありました(笑)

滝のお水は延命のご利益があると言う事です。

2522
長年の夢が叶って幸せです。

2523
ここでも御朱印をいただきました。
この神官さんは沢山の参拝客をDJポリスの要領で整理していて、見ていて楽しかったです。

お参りしている間タッツーと昴流はおとなしく待機していました。

2527
那智詣でのお話はこれでおしまいですが、家へ帰るまでの道程にももう少しお付き合いくださいね。

2014年11月23日 (日)

秋の紀州路へ 3

sun cloud 今日は気温が少し高いらしい。 PCの温度計は18℃(PM1:30)
     昨夜の夜はTVを見ていていきなり地震の報道でびっくりでした。

11月11日 オートキャンプ場のログハウスで一泊の後の様子です。

暗くなってから着いたので周りの様子も車のライトで見える範囲だけでした。
真っ暗なところが少ない暮らしなので、周りが見えないのはちょっと気味悪く感じてしまいました。

で!朝からキャンプ場内をを散策

お世話になったログハウスの前で

2302

2303_2
2304

2305
まだ色々あるようですが先を急ぐので記念写真を撮って!

2301
いざ出発♪

2306
昨夜往復した県道を那智まで戻って 道の駅「那智」へ

2307
ふと展示物を見ると日本サッカーの象徴は熊野の神鳥である「八咫烏」だという記事がありました。

2308
更に中へ入ると昔の熊野詣での衣装を着た人形がお出迎え

2309
中では熊野の火祭りのVTRが映し出されていました。

2310
松明のレプリカも

2311
那智の滝も

2312
道の駅の外はJR那智駅でした

2313
ついに数年来念願の那智山到着
階段が半端なく続いています。

2314
熊野詣での地図です

2315
昴流もお参り

2316
見晴らし いいね♪

2317
お目当ての青岸渡寺です。

2318
お参りと御朱印を頂いている間外で待っています。

2319
今度はタッツーがお参り
掛け軸の御朱印はあと3個です(^^)

2320
次は隣にある那智大社と飛龍神社にお参りです。

2014年11月21日 (金)

秋の紀州路へ 2

sun 気持ちの良いお天気です。 PCの温度計は14℃(正午)です。

長年待望だった紀州への旅が実現したのは、やはり那智の滝を見に行きたいという気持ちからでした。

途中行きたかったところがあったのですが、道を間違えたりリサーチ不足でナビ子を頼ったりで行けませんでした。

前の続きです。

国道42号線をひたすら南下して着いた所が 道の駅「紀宝町ウミガメ公園」です。

2006
2011
ウミガメふれあいパークへ行ってびっくり♪
間近に見るウミガメは思っていたより大きくてちょっと怖い感じでした。

2002
2003
こんなのもいました(^^ゞ  ウツボ

2004
                 クロダイ(?)違っていたらすみません

2005
ウミガメが産卵をするという七里御浜へ行ってみました。
波が荒くてさすが太平洋と、海が遠い京都市内在住の私は変なところに感心しました(笑)

2007
2008
海に入りたそうでしたが後の事を考えて諦めてもらいました(笑)
波がきついのでそれ以上前に行くこともありませんでした。

2009
実物のテトラポットがこんなに大きいとは知りませんでした(^^ゞ

2010
潮風を満喫して更に42号線を南下して、道の駅「那智」へ
まさかの休館日でした(T_T)
ここでいろいろな情報をと思っていたのに(^^ゞ

2012
道の駅で温泉で入浴や食料を買うつもりもダメで、コンビニ弁当を買おうと出発!
又々ナビ子に道案内を頼んで今日の宿泊地へ

宿泊はオートキャンプ場のログハウスを頼んでいて、管理人の方から詳しい地図をもらっていたにもかかわらず、ナビ子に任せてしまって大失敗です。

細くて曲がりくねった山越えの道を案内されてしまって、コンビニどころか車も出会わない山道を小1時間、やっとの思いで管理棟の灯りが見えてきた時はホッとしました。
 

宿泊手続きの後 管理人の方に教えてもらった広い県道を、また那智まで逆戻りをして、お風呂と食料を購入
勝浦温泉の日帰り湯で疲れをとったところです。

2013
明るいうちに着きたかったのですが辺りは真っ暗で、人家も空家が多いということでした。

早速ログハウスに入って寛ぐワンコ

2014
おじさんなのにこんな事やあんな事をします(笑)狭い空間で自由なのが嬉しいようです(リードでつながっていますが(^^ゞ)

2015

2016

2018
2017

長旅に疲れた昴流も爆睡

2019
のはずが! 段々布団に近づいてきています(笑)

2020
夜も更けて漆黒の夜空は星が瞬いてとてもキレイでした。
近くに流れる川の流れの音以外何も聞こえない静かな夜です。

次はいよいよ旅の目的地へ♪

2014年11月19日 (水)

秋の紀州路へ 1

cloud 今日も肌寒い日です。 PC表記の温度計は15℃(PM 1時)です。

ずいぶん前に親戚が行っているのに感化されて、西国三十三ヶ所の御朱印掛け軸を作ろうと回っていて、同時に朱印帳に御朱印ももらってきていました。
ところが私の不始末で朱印帳が見当たりません(家のどこかにはあるんですが(^^ゞ)

で!新たに御朱印を集めを始めることにしました。
お寺さんやお宮さんで独自の朱印帖を作っておられるのでそれを買いに行っていたのです(笑)
と言うのも 紀伊勝浦の青岸渡寺は西国三十三ヶ所の一番札所だからです。

出掛けたのは11月10日です。

まずは名神、新名神を通って亀山SAで休憩です。
ここにはハイウエーオアシス ぷらっとパークがあります。

1801
チワワーのソラ君ウミ君に出会ったのですが、ソラ君は目を手術したところで、ウミ君がご挨拶してくれました。

1802

なぜか亀のオブジェ(?)が気に入ったようです(^^)

1803
ぷらっとパークへは車で行かなくてはいけなかったのですが、上り下りで利用できるようになっていました。

1804

大きな池の周りを周遊できるようになっていて、小高いところに東屋があります。

1805
SAで買ったスナックがとても美味しかった(笑)

1806
昴流はど~こだ?

1807
後ろに見える建物はBQの炊事場です

1808

亀山SAの亀山B級グルメ 亀山味噌焼きうどん定食 を食べたか;ったのですが売り切れで 残念!

次の嬉野SAで昼食です。 

1809
かの有名な(?)伊勢うどんです。

1810
海沿いの道を行くつもりだったのにナビ子の案内は山越えでした。

高い山が多くトンネルが連なっています。

1812
1811
たどり着いたのが 道の駅「熊野きのくに」です。

1813
1814
その後山道を下ってやっと海が見えたときはとても嬉しいかったです(笑)

1815
旅は続きますが今日はこれくらいで・・・。

2014年11月17日 (月)

晴明神社へ

cloud 肌寒い日ですPCの温度計はPM4時で15℃です。

この日も留守番の昴流はつまらなそうです。

1706
11月9日に出かけたのは晴明神社です。

安倍晴明が亡くなった時に一条天皇が屋敷跡に神社を作ったのだそうです。

1701
本殿にお参りします。 左に安倍清明像

1703
鳥居の脇にあるのが 晴明井です。
晴明の霊力で湧き出したと言われています。

1702
この井戸は五芒星(晴明紋}を描き、その取水口がその型の頂点の一つにあり、立春には、晴明神社の神職がその晴明井の上部を回転させ、その年の恵方に取水口を向けるのが、慣わしとなっている(ウィキペディア)

1704
境内には一条戻り橋のミニチュアがあります。
古来から色々言い伝えがありますが、たくさんあるので気になる方は検索してみてください(読んでくださっている方に丸投げ(^^ゞ)

1705
先日からお寺や神社を回っていますが、急に信心深くなったわけではありません(笑)

 

2014年11月14日 (金)

街中道中記 (高雄方面)

cloud 13日の夕方から急に冷え込んできました。

京の三尾と言われる高雄(尾)、槇尾、栂尾 (たかお、まきのお、とがのお)へ行ったのは7日でした。

まずは栂尾山高山寺 

石水院 ここでお目当ての朱印帳をGET
表紙が鳥獣戯画です。

1301
金堂

1302

この石段を上から撮ったところです

1303
清滝川沿いの道には紅葉した木々がキレイでした

1304
槇尾山西明寺

清滝川にかかる朱色の橋が紅葉を更に鮮やかにしているようです。

1305
1306
1307
この日一番鮮やかな紅葉でした

1308
神護寺へ向かう途中で小休止

1309
高雄山神護寺

1310
このお寺はワンコO・Kで昨年北斗君ファミリーと来たところです。

広い境内には紅葉した木々がたくさん とても綺麗です

1311
1312
1313
1314
1315
高雄 三尾各お寺の御朱印をいただいて大満足で帰ってきました。

家では新鮮ないわしをいただく我が家のワンコ(鰯の頭も信心から(^^)

1316

2014年11月 4日 (火)

冬支度

sun 風が冷たい日でした。  PC表示の気温は13℃

最近オヤジになってきた我が家のワンコは。夕方のお散歩のあと夜中にトイレでシ~~をすることが増えました。
前足をトイレに乗せていい具合にポイントを決めるのですが、後ろ足が滑って中々シ~ができません(笑)
それを見ていると面白いけれど気の毒で(≧m≦)ぷっ
サークルの下に敷いてあるトレイの素材が滑るのです。
それでカーペットを敷いてみました。

402
これで一発でシーができると思います(^^)

玄関では今頃ハイビスカスが咲きました。

403
なにこれ?美味しいの?と野次馬ならぬ野次犬登場♪

404
なぁんだ!つまんないと、大アクビでした。

405
30日に道の駅で買ってきたいちじくで作ったジャム完成です。

401
色はイマイチですが、味は絶品(自画自賛ですみません)

渋柿も皮を剥いて2階のベランダで甘くなるのを待っています。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

コーヒーブレイク


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ

最近のトラックバック